本文へスキップ

プロジェクト一覧 一般社団法人 産学技術協会

一般社団法人 産学技術協会

プロジェクト一覧Project

 No  画像クリック  テーマ
 1  バラスト水の雨水化で海洋生物移動問題を解決し、雨水の流通ルートも研究チーム
 各地の環境指数によってバラスト水価格が変動するバラスト水用の雨水市場の研究チーム
 雨水のバラスト水利用インフラ整備研究チーム
 2  道路等の雨水排水路から得るマイクロ水力発電利用研究チーム
 敷地内雨水排水路を通じ公共排水路にゴミを排出させない。
人工の雨水排水路のゴミ移動インフラ化改善化チーム
 手入れのし難い敷地内雨水排水路内から蚊の繁殖場所を無くし
蚊の個体数を減らし感染症拡散リスクを下げる研究チーム
 蚊絶滅マット【分別集水マット】パンフレット
 蚊絶滅マット【分別集水マット】普及推進室
 3  廃塩ビパイプのリサイクル工程を減らしCO2削減検討チーム
 水中生物から見たやさしい護岸形状研究チーム

 異径孔魚床ブロック
 4  重機オペレーターの技量の統一査定ポイント取得システムを構築し自己努力で基本賃金UPと技能UPで事故率を減らす。

ゴールドヘルメットオペレーショングランプリ開催案
 5    屋根散水が出来れば屋根面の温度をコントロールする事が可能に成りヒートアイランド現象対策や消雪対策、太陽光発電発電量の安定等のメリットが多い。
しかし散水配管を屋根最上部に安全且つ確実の固定する事が現状の棟では不可能で、保温や紫外線劣化を考えると露出配管では無理がある。そこで棟の内部に空間を作り配管を保護し確実に固定し保温対策が出来る様にした。
この中空棟を使い新たに屋根散水の設備端末の取付スペースとして確立して、自然環境の変化から生活を守る家の新たな武器として標準化する事で地球温暖化と共に変わりつつある自然環境から私達を守る様にする。
  インターアクア2016動画
 6  観光立国化と東京オリンピックで2020年は年間訪日外国人が4,000万人を超え、3時間以内に全国に移動でき、水際対策だけでは感染症拡散確率を減らす事は不可能に近い。しかし媒介する生物を必要とする感染症は、媒介生物の生息状態をコントロールする事で予防できる。特に都市部の蚊は雨排水路での繁殖を無くせば、蚊の個体数を減らす事が可能である。 災害時の救出救助活動拠点を最優先に公園、人気スポット、観光地、各種交通機関ターミナル等不特定多数の集まり易い所には雨排水路が有る為先行予防対策【蚊絶滅マット】を敷設し感染症拡散確率を減らす。【概要資料】
7    狩猟者の高年齢化、技術不足の抜本的仕組みの解決、太陽光発電を含む開発地域の拡大に連動した里山の有るべき姿への整備、自分だけが良ければよいの防護柵対策の見直し、駆除後すぐに血抜きがジビエ料理には不可欠、狩猟者の高齢化が問題であるのにリタイヤ者の第二の人生職種は解決策にならない、異常な動物愛護から自然界のルールを守った動物愛護へを全て改善させる、新たな時代のプロハンター育成と生計の成り立つ環境作り案

バナースペース

一般社団法人 産学技術協会

〒102-0074
東京都千代田区九段南一丁目5番6号
りそな九段ビル 5F KSフロア

TEL : 03-6869-3502
e-mail : info●sangaku.org
●を@に変更してご送信ください